BLOG:ブログ

2017年6月

6月 10 2017

短い雲海シーズン

これから夏にかけて温暖差がある時期と夏から秋にかけての時期はたまに霧がかかるときがあります。

そこに太陽が差し込めば綺麗な風景を見ることができます。

去年は6月は天候が悪かったですが、今年は週間天気予報はずっと晴れマーク。

今日はゲリラ豪雨みたいな天気でしたが、なんとか明日は回復するでしょう。

_81D3226-2

明日は美瑛でマラソンの大会があるみたいですが、雨が降らなければ良いですね〜。

 

年中北海道の美瑛、富良野にて撮影ツアー、フォトレクチャーをやってますので、ご希望の方は是非お早めにお問い合わせください^^

こちらをクリックすると美瑛撮影ツアーのご予約ページに飛べます。

pagetitle

その他ご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
その他作品はフェイスブックページ、もしくはInstagramよりご覧下さい↓

https://www.facebook.com/siknutour/photos_stream

 InstagramのID → siknu_biei

お問い合わせはこちらから↓

https://www.siknu.jp/contact/index.htm

 


6月 08 2017

ロケーションフォトについて

夏も近づき、家族写真などを撮影して欲しいという依頼が多いのである程度の流れを書きたいと思います。

 

集合は美瑛駅、またはうちのお宿前などに集合するのですが、時間帯のオススメはやはり早朝になります。

夏場は人が多いので、早朝の方が静かに撮影ができます。

撮影時間はおおよそ2〜3時間程度、カット数は35〜50カットほどで、後日CD-Rにてお渡しになります。

料金は時期によって違いますが、6〜8月のハイシーズン中は25000円〜ほどになります。 (ドレスの場合はもう少し料金がかかります)

撮影場所はその都度天候により変えたりしますが、希望の場所があればお問い合わせ時に言っていただければと思います。

詳細はまたお問い合わせください。


6月 06 2017

ワイルドライフ〜知床先端部〜

ヒグマを追い求めて誰もこない知床先端部にテントを持って単独で行ってきました。

※先端部まで行く場合はかなりのレベルの登攀になるので、ロープやハーネスが必要だったり、何よりヒグマの生息地域なので、興味本位で行くのは避けた方が良いと思います。

IMG_1235

途中橋も崩落してるので、冷たい川を渡ったり海を泳いだりすることが必要です。。

IMG_1252

ひたすら誰もいない海岸沿いを突き進む。

荷物も機材やテントなど合わせて20キロほどの重さがあります。。

歩いてる風景を動画撮ってみましたが、見れるでしょうか。

6月にも関わらず、天候が悪かったのもあって、みぞれになってました。

IMG_1239

使われていない番屋の近くで数日待機。

_T0P9791

テントのすぐ側、そこはもう彼らの世界。

周囲数キロ以上は人の気配がありませんが、彼らは居ます。

_T0P9770-3

撮影中何度もいいシャッターチャンスがあったのですが、そこは命優先で結局撮れたのは数カットだけ。

ひとまず撮れて何より。

よく道路沿いとかで撮影してる人を見かけますが、道路沿いのヒグマは人馴れを助長させる恐れがあるため、こういう山奥の誰もこない場所で撮るように心がけています。


« 前のページ

美瑛・富良野 写真撮影ツアー

美瑛写真撮影ツアー
photo office Siknu
運営責任者 林 祐介

〒078-8238 北海道旭川市豊岡8条3丁目4-20 リオグランデ313
TEL 090-9192-6110

Photo tour in Biei
photo Office Siknu
photographer Yusuke Hayashi

〒078-8238 313,Rio Grande 20-4-3-8 asahikawa Hokkaido
TEL +81-90-9192-6110

ページの先頭へ
Menu Open