BLOG:ブログ

8月 26 2021

ようやく少しwi-fi繋がる

ようやく少しだけwi-fiが繋がる街へと戻ってきました。

といってもまだここはロシア。

あまりネットが使えるわけじゃないので、更新できるうちにブログを更新^^

 

 

なんとか無事にウラジオストクについてその後乗り換えで8時間待ってから、カムチャッカへフライト。

その後キャンプ場に2泊まり、ヘリ乗り場に行くバスを待つ。

めっちゃ悪路を突き進むため、これくらいのバスが必要なんだそうだ。

ちなみに悪路を1時間以上進まないとヘリ乗り場にすら辿り着けない。

IMG_8429

その後はヘリが飛ぶまでひたすら待つ。

定刻など存在しないので、飛び立つまでひたすら待つ。

森の中のヘリポートで8〜9時間ほど待つ。

ようやく大型ヘリが来たので、早速乗り込む。

IMG_8407

 

ヘリで1時間ほどフライトすると、ようやく撮影地のベースキャンプ場に到着だ。

日本からまる3日以上かかった。

IMG_8362

奥に見える山がZheltovsky volcanoといって、この辺を代表する山だ。

ここでは1分に1回の頻度でグリズリーに出会う。

しかも5メートル先とかかなり至近距離。

IMG_8281

僕らの撮影チーム。

真ん中がライフルを持ったガイドさん(インスタで知り合いだった)

右が英語通訳さん。 ロシアなので英語は一切通じない。

基本的にグループではなく、個人でお願いしていたので、この3人でずっと一緒に行動し、自由に撮影させてくれたので非常に助かった。

 

IMG_8330

 

帰国してから現像はするけど、いいロケーションでグリズリーを撮影できた。

多分4000枚くらい(連写なしで)撮影できたので、かなり撮れた高は良い。

望遠レンズでなくとも、標準レンズでも撮影できてしまう距離感だ。

 

IMG_8312

 

行く前まで毎月死人が出る場所だから、さぞかし危険なところだろうと思ったけど、もちろん危険ではあった。

(実際何回もやばかった)

ただこれだけの頻度でグリズリーが至近距離に来る場所で、毎月それだけしか人が死なないのであれば、逆に凄い。

ガイドさんがものすごく有能だ。

 

 

 

また詳しくはyoutubeの動画にもする予定だし、帰国後色々と更新する。

 

月末まではメール返信等は出来ないかもしれないので、ご了承ください。

 

 

 


« »
美瑛・富良野 写真撮影ツアー

美瑛写真撮影ツアー
photo office Siknu
運営責任者 林 祐介

〒078-8238 北海道旭川市豊岡8条3丁目4-20 リオグランデ313
TEL 090-9192-6110

Photo tour in Biei
photo Office Siknu
photographer Yusuke Hayashi

〒078-8238 313,Rio Grande 20-4-3-8 asahikawa Hokkaido
TEL +81-09-9192-6110

ページの先頭へ
Menu Open