BLOG:ブログ

news

11月 22 2018

JTB 季刊誌 vol.11 冬の北海道特集に掲載

デジタルカメラマガジンに続き、来月はもう一つ掲載してます。

JTBの季刊誌コレシヨ vol.11の冬の北海道特集に本扉1ページ掲載していただけました^^

表紙捲って1枚目の本扉なので、大きく載せて頂けました。

スクリーンショット 0030-11-22 18.35.38

各JTBの旅行代理店等に置いてありますので、お手に取る機会があれば見てください。

 

 

 

告知1 11月5日〜11月末までキャンペーン中!

 

北海道の美瑛、富良野にて写真撮影ツアー案内、写真撮影ガイド、フォトツアー、ご家族写真撮影をやってますので、ご希望の方は是非お早めにお問い合わせ、ご予約ください。 真冬の撮影ツアーももちろんやってますよ!

 

※まだもう少し先ですが、来年3月8日〜14日まで東京六本木富士フォトギャラリーにて写真展予定です^^。

 

撮影ツアー詳細ページへ飛べます。⬇︎

スクリーンショット 0030-05-04 23.30.21

美瑛撮影ツアーの空き状況確認,予約ページ飛べます。⬇︎

スクリーンショット 0030-05-04 23.37.25

※プロがアドバイスして作品が残せるお手伝いをさせて頂きます。

美瑛町内はもちろん、旭川駅周辺の宿泊施設で合流でもOK.

 

作品はインスタグラム掲載してますので、是非一度ご覧下さい。→ Instagram 

フェイスブック Facebook 

気軽に話したい方は Twitter 

 

お問い合わせ


11月 21 2018

デジタルカメラマガジン12月号

本日発売のデジタルカメラマガジン12月号ですが、写真を3枚ほど掲載しております^^。

日本の絶景ベストコーナーで半ページだけですが、少しだけ解説も入れてます。

各書店に置いてありますので、ぜひ探してみてください。

スクリーンショット 0030-11-20 23.43.00

野付半島のエゾシカが織りなす冬の絶景です^^

 

スクリーンショット 0030-11-20 23.55.15

 

有名な方々と名前が並びちょっと嬉しい^^

スクリーンショット 0030-11-23 0.53.42

 

 

 

 

告知1 11月5日〜11月末までキャンペーン中!

 

北海道の美瑛、富良野にて写真撮影ツアー案内、写真撮影ガイド、フォトツアー、ご家族写真撮影をやってますので、ご希望の方は是非お早めにお問い合わせ、ご予約ください。 真冬の撮影ツアーももちろんやってますよ!

 

※まだもう少し先ですが、来年3月8日〜14日まで東京六本木富士フォトギャラリーにて写真展予定です^^。

 

撮影ツアー詳細ページへ飛べます。⬇︎

スクリーンショット 0030-05-04 23.30.21

美瑛撮影ツアーの空き状況確認,予約ページ飛べます。⬇︎

スクリーンショット 0030-05-04 23.37.25

※プロがアドバイスして作品が残せるお手伝いをさせて頂きます。

美瑛町内はもちろん、旭川駅周辺の宿泊施設で合流でもOK.

 

作品はインスタグラム掲載してますので、是非一度ご覧下さい。→ Instagram 

フェイスブック Facebook 

気軽に話したい方は Twitter 

 

お問い合わせ


10月 28 2018

ポーラーベア撮影(ホッキョクグマ)

せっかくなので、いろいろパシャパシャと携帯でも渡航の様子を撮ってきたので、暇つぶしにみてください^^(撮影の写真は下の方です)

 

今年もわざわざ日本から1万キロ以上離れた場所へ撮影に行きました。

まず家から車で3時間かけ千歳へ。そして1時間半のフライトでいつもの成田へ。

dwFwP4nn.jpg-large

平日だったためか、あまり並ばずスムーズに出国審査手続きできました。

zmBysEId.jpg-large

お金はカナダドル。 渡航前にクレジットでほとんど支払いは済ませてますが、食べ物等の物価が高いので、案外お金を使ってしまいます。

9SNCQIkE.jpg-large

去年も乗ったエアカナダ。 修学旅行生がたくさん居たので、ゲートは大混雑。

Q2gYzp6y.jpg-large

機内食はまぁまぁ。

G0Mx6fKj.jpg-large

10時間フライト後、バンクーバーからカナダへ入国^^。

2回目ということもあり、今年は迷わず入国や乗り継ぎゲートにたどり着くことができました。

BkoWqZCq.jpg-large

この先あまり食べ物を仕入れる場所がなくなるので、チョコレートや少し食べれる物を購入。

KM5yjkR6.jpg-large

そしてまた乗り継ぎます。 今度は3〜4時間ほどのフライトで一路東の方へ。

1p8rLkXx.jpg-large

中継ポイントの街に到着。。この時点で家を出てから20時間ほどは経っているので、数時間ほど仮眠休憩。

緯度が日本と違うので、日の出の時間や夕日の時間が全く異なり、なかなか体が時差ぼけから治りません^^;

 

g_sZtyxK.jpg-large

ここからはバスで別の空港へと移動して、チャーター機専用の空港へ。

uS9HHaSX.jpg-large

これからは北極圏付近を飛行することになるので、飛行機が凍らないように不凍液を吹きかける。

-xbXkad9.jpg-large

チャーター機で半日ほどフライトすると、辺りは真っ白な世界へ突入。

地平の向こうまで真っ白な世界がどこまでも続きます。

Dqa5mbMUwAAxZcr

日本を出てから40時間以上。ついに撮影地近辺に到着!

バス停や空港にはライフルを持った人がたくさんいます。

それもそのはず。。

NVnHsNN-.jpg-large

aoZTO9Qm.jpg-large

ここは柵もない、ホッキョクグマ(ポーラーベア)の生息地のど真ん中だ。

すぐ近くにいる可能性だってある。

 

そして戦車みたいなバスで1時間ほど移動。。

ちなみに車内には世界の有名な写真家さんたちも乗り合わせてました。

ナショジオの雑誌とかに載っている海外の写真家さんの方々にもお会いして、意気揚々な気分で降り立つととそこはこんな感じ。。

3Zh1Y9kX.jpg-large

なーんもない。本当になーんもない(笑

迷子になったらたぶん死ぬ^^;

気温は氷点下20度くらい。

厳冬期の北海道くらいなので、寒さは慣れている。

 

K2BOAjNc.jpg-large

ちなみにこの茂みにホッキョクグマいるの分かりますか? これが分からないと歩いてたら死ぬ可能性大です^^; そういうのを発見しながら危険を避ける。

Vg9UBcfd.jpg-large

茂みが邪魔しなければ意外と携帯でも撮れるくらいの距離にいたりする^^

 

 

ようやく撮影開始。。

_T0P8970

大雪原を歩くポーラーベア。

_T0P9687

お母さんと大きな子供。

_T0P9003

お腹が減っているのか動く気無しなやつ。

_T0P9208

そして至近距離で撮影できました。 自分は2〜3メートルほど上にいる場所から撮影していますが、立ち上がれるとハイタッチされそう。。^^;  ※もちろん安全な場所から撮影してます

 

今回は運よく難度がシャッターチャンスに恵まれ、かなりの枚数を撮影することができました。

また機会があれば撮りに行きたい被写体なので、今度も応援のほど宜しくお願いします。

 

 

 

 

〜memory〜

まだ10月だけれど、北海道の厳冬期と同じ気温。
周囲数百キロ以上は何もない。
地平線が遥か彼方まで続くだけ。 
迷子になったらそれは死を意味する。 

しかしそんな環境下で生きる世界最大の肉食動物がいる。
目の前にすると「畏怖」という言葉が頭をよぎる。
怖い。でも怖いだけじゃない。
そんな環境下で暮らす彼らを尊敬できるし、尊敬に値する生き物だ。

噛み付かれたり、引っ搔かれればきっと人間なんて容易く殺すことが出来るだろう。

常々撮りながら考えていることだが、自分が好きな物を撮るのに誰かに理解される必要はない。

ただ一度っきりの人生だ。
思いっきり好きなものをとことん追いかけてやるべきだ。

写真家として風景や動物をなぜそこまでして撮るのか。
売れたいだとか、稼ぎたいだとかそんなことは思ってない。

「好き」だからだ。

〜fin~

 

 


9月 16 2018

『11月5日〜11月末日までキャンペーン!』

今年も11月5日〜11月末まではキャンペーンしたいと思います^^

1日ツアーと半日ツアーを単純に安くするだけですが、わかりやすく表記価格から5000円引きにします。

例)1日ツアー1名28000円→23000円  半日ツアー1名20000円→15000円。

 

この際にぜひ〜! この時期は観光客が減る時期なので、航空券もお安いですよ〜。

 

 

 

 

 

年中北海道の美瑛、富良野にて写真撮影ツアー案内、写真撮影ガイド、フォトツアー、ご家族写真撮影をやってますので、ご希望の方は是非お早めにお問い合わせ、ご予約ください^^

※まだ先ですが、来年3月ごろに東京六本木富士ギャラリーにて写真展予定。

撮影ツアー詳細ページへ飛べます。⬇︎

スクリーンショット 0030-05-04 23.30.21

美瑛撮影ツアーの空き状況確認,予約ページ飛べます。⬇︎

スクリーンショット 0030-05-04 23.37.25

※プロがアドバイスして作品が残せるお手伝いをさせて頂きます。

美瑛町内はもちろん、旭川駅周辺の宿泊施設で合流でもOK.

 

作品はインスタグラム掲載してますので、是非一度ご覧下さい。→ Instagram

フェイスブック Facebook

気軽に話したい方は Twitter

 


7月 04 2018

上半期を終えて。。と今後

2018年ももう半年が終わり、7月に突入しています。

半年が経つのはあっという間でしたね〜。。^^;

雪も多かったですし、夏に入ってからは冷夏大雨で天候的には大変な上半期でした。

また去年の受賞以来、撮影に関する以外の仕事は手がつけられないので、今は撮影に集中しています。

 

上半期を少し振り返って写真を。。

_T0P9884 のコピー

豊頃町のジュエリーアイス。 マイナス28度くらいでしたが、リピーターのお客さんとの撮影で行ったりと、いろいろ面白く撮影できました。

 

_T0P4717

3月ごろの美瑛の丘、1月2月が厳冬期シーズンなのですが、意外と3月も面白い写真が撮れるので好きな月です。(写真は融雪剤の模様です)

 

_T0P3018

同じく3月、羅臼まで行って国後島との国境で撮影。 流氷は少なかったみたいですが、たくさんのオジロやオオワシに出会えました。

 

_T0P7898

厳冬期に行った野付半島。 海岸沿いなので雪はあまり積もりません。 エゾシカが越冬しているので、よく撮影できます。

_T0P6511

美瑛から望む残雪の十勝岳が綺麗な5月。

_T0P7569ortin

そして霧が発生しやすい6月と。

 

 

とまぁ美瑛や富良野は日々撮影していますが、その他にも色々と出かけらました。

 

北海道に移り住み撮影を始めて5年目、道内各地はもちろん、有名なコンテストの受賞をしたり、海外まで撮影に出かけたりとお陰様でいろいろ経験することができました^^;

 

この先はより一層オリジナルティを出して撮影に集中したい思っています。

自分のことに集中しているからこそ生みだせる作品やそこについてくれるファンの方がいる。

 

今ツアーしているのも、あなたの作品が好きだからツアーをお願いしたい。と言ってくれる人も多く、少なからず自分に価値があると思うからツアーに来てくださってくれる方がほとんどだと思うのです。

 

やっていることは同じでも、自分に価値をつける。

 

中身が伴っているかどうか、きっとそこはお客さんも見抜いてくれるはず。

そういう思いでこれからも撮影していきたいと思う。

 

 

これから何が撮れるのか。。楽しみです^^

 

 

 

 

 

 

年中北海道の美瑛、富良野にて写真撮影ツアー案内、写真撮影ガイド、フォトツアー、ご家族写真撮影をやってますので、ご希望の方は是非お早めにお問い合わせ、ご予約ください^^

※まだ先ですが、来年3月ごろに東京六本木富士ギャラリーにて写真展予定。

 

撮影ツアー詳細ページへ飛べます。⬇︎

スクリーンショット 0030-05-04 23.30.21

美瑛撮影ツアーの空き状況確認,予約ページ飛べます。⬇︎

スクリーンショット 0030-05-04 23.37.25

※プロがアドバイスして作品が残せるお手伝いをさせて頂きます。

美瑛町内はもちろん、旭川駅周辺の宿泊施設で合流でもOK.

 

 

作品はインスタグラムにまとめて掲載してますので、是非一度ご覧下さい。→ Instagram

フェイスブック→ Facebook

 

【クリック】その他雑誌等やご依頼はお問い合わせから。

by 林祐介


4月 29 2018

※【個展開催予告!!】

まだ先の話ですが、日本で一番難しいとされる富士フイルム東京ミッドタウンにある六本木の写真ギャラリーの審査に通り、個展を開けることになりました。

審査に通ってよかったです^^;  企業や合同写真展などでスペースを使われるので、中々個人では貸してくれないので。。

去年から多少無理してでも撮影に出かけまくった甲斐がありました。

IMG_3491

一応2019年3月となっていますが、まだ詳細は夏頃になると思います。

個人の個展で1万人くらい人を集めれるギャラリーは日本でここだけしかないので、どうせやるならここでやりたいと思ってました。

ただし人気のギャラリーだけあって、応募から開催までが1年半くらいかかってしまうのが難儀。。

 

またちょくちょくと告知していきます。

 

 

 

 

年中北海道の美瑛、富良野にて写真撮影ツアー案内、写真撮影ガイド、フォトツアー、ご家族写真撮影をやってますので、ご希望の方は是非お早めにお問い合わせください^^

 

《美瑛撮影ツアー内容詳細確認の方はこちらクリック》

作品が残せるお手伝いをさせて頂きます。

 

以下美瑛撮影ツアーの空き状況ページに飛べます。(美瑛町内はもちろん、旭川駅周辺の宿泊施設で合流でもOK!混み合う時期にオススメです
pagetitle

Biei Photo Tour & Guide . Please make a reservation from the inquiry column.

その他作品はこちらにインスタグラムに掲載してますのでご覧ください→ Instagram

フェイスブック→ Facebook

 

【クリック】その他雑誌等や記事掲載などのご依頼はお問い合わせからご連絡下さい。

By 林祐介

 

 

 

 


11月 26 2017

Nature`s Best Photography ワシントンDC授賞式

私が受賞した世界三大コンテストの一つ、ネイチャーズベストフォトグラフィーの様子を公開です。

186-MZ4A3502_preview

 

今回11月中旬にアメリカ首都ワシントンDCスミソニアン自然史博物館で行われた授賞式を動画を交えてお見せいたします。

 

 

日本からワシントンへまずは渡米。

今回のために貸切になったスミソニアン自然史博物館1階で、受賞者たちは受付を済ませます。

 

スミソニアン自然史博物館2階にある、展示会場内の様子。テレビ局やらいろんな人も来ており、とても混雑していました。

さすが世界のコンテストと言いますが、規模が違います。。

 

※閲覧は下のURLをクリックすると動画が開きます。

スクリーンショット 2017-11-26 0.22.52

動画① trim.5EE1A82A-70D7-414E-BD9C-4FEEEE2B4528

 

 

1階の中央ホールで式典の始まり。年間750万人も訪れるスミソニアン自然史博物館を夜貸切で行われ、VIPな方たちにも色々お越しいただけました。

スクリーンショット 2017-11-26 0.30.28

動画② trim.64683C71-8AB6-4CB5-A015-007BF6289B41

 

スクリーンには受賞した写真の数々が映し出されたり、撮っている時の様子など。

スクリーンショット 2017-11-26 1.04.16

動画③ trim.AF988F68-9CCD-4A1A-B2E0-FE1409FBF49E

 

動画がYouTubeにも上がりましたので、こちらの方が見やすいかもしれません。

 

 

 

受賞式の舞台上。 総勢400名以上の関係者や海外のテレビメディア、その他いろんな方に来ていただき、素晴らしい式でした。

724-AJ1I5214_preview-1


 スクリーンショット 2017-11-25 23.37.20

 

 

私が拙い英語でスピーチ中の写真。もっと語学力が欲しいと思った瞬間でした^^;


 

最後に全世界の写真家の方たちと集合写真。後ろの真ん中らへんに自分。

スクリーンショット 2017-11-25 23.37.35

 

今回授賞してスミソニアン自然史博物館に招待された日本の写真家はなんと、ネイチャーズベストフォトグラフィー全世界版のインターナショナルに写真が掲載されました。

IMG_2125

 

 

スミソニアン主催のネイチャーズベストフォトグラフィーは世界最大級のフォトコンテストだけあって、日本の写真家の方たちをはじめ、世界中の有名な写真家や海外の方たちと色々お話ができたのは本当に良かったです。

 

レセプションパーティでは自分の写真を気に入ってくれた海外の方たちから、ぜひ写真を買いたいなど色々良いお話もたくさん頂けましたし、とても面白かったです^^

IMG_1994

 

海外でもまた選ばれるように、来年に向けて撮影をし続ける日々がまた始まります。

 

有難いことに海外からの写真の依頼も多くいただき、忙しい日々です。

 

 

※美瑛の撮影ツアーご希望の方は、以下の予約欄よりご希望日をクリックし、必要事項をご記入ください。

http://www.siknu.jp/application/index.html

《美瑛ツアー内容詳細はこちら↓》

http://www.siknu.jp/tour/index.html

 


10月 22 2017

ポーラーベア

様々なトラブルはありましたが、なんとか無事に千歳に戻れました。

周囲1000〜2000キロに小さな街以外何もないまさに地球の僻地。

いろいろトラブルもあり、日本から丸3日は飛行機を乗り継ぎようやく到着。。行くだけで冒険です。

でもそこの大地には確かに動物園でしか見たことがない、野生のポーラーベアが闊歩していました。

日本で見るヒグマの2倍近くの大きさがあるでしょうか。

_T0P6682

まだ雪原に覆われる前に荒野を歩いてる姿が撮りたかったので、何とか撮影はできました^^;

気温はマイナス10度くらいとまだそんなに寒くはありません。

とりあえず空港のパソコンから更新してるので、また詳しい撮影記はそのうち^^

 

撮りたい、行ってみたい思ったら何と思われていても行動する。

これが原動力であり、私の写真の全てだと思う。


7月 13 2017

美瑛富良野でロケーションフォト撮影

夏のこの時期は風景の写真ツアーはもちろんのこと、ロケーションフォトの依頼も多々あるので、ブライダルから家族写真までロケーションで色々と撮影をしています。

観光客の方も多い時期になるので、撮影は早朝の方がオススメです。

朝早いと誰もいない場所で静かにロケーションで撮ることができます。

_T0P1401   _T0P1408

_T0P1459

 

アシスタントスタッフに後ろから撮られた私の写真。。(笑

12

撮影時間はおよそ2時間程度ですが、終わり際の朝9時頃にもなると、外は猛暑。

北海道の美瑛や富良野は意外と夏は暑いところです。

ずっと外に出ている場合は、日よけ傘などが必要かもしれません。

 

 

ロケーションフォト(家族写真、ブライダル写真)の大まかの流れとしましては、美瑛駅などに集合→2〜3時間ほど撮影→解散というあまり時間も使わずシンプルな流れです。

できた写真は後日CDにて郵送させていただきます。

料金はシーズンによって異なりますので、一度お問い合わせください。※カット数は追加料金で増やすこともできます。

ロケーションフォトの詳細はこちら  

 

 

 

 

年中北海道の美瑛、富良野にて写真ツアー、フォトレクチャーをやってますので、ご希望の方は是非お早めにお問い合わせください^^

こちらをクリックすると美瑛撮影ツアーのご予約ページに飛べます。

pagetitle

その他ご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
その他作品はフェイスブックページ、もしくはInstagramよりご覧下さい↓

https://www.facebook.com/siknutour/photos_stream

 InstagramのID → siknu_biei

お問い合わせはこちらから↓

http://www.siknu.jp/contact/index.htm


6月 06 2017

ワイルドライフ〜知床先端部〜

ヒグマを追い求めて誰もこない知床先端部にテントを持って単独で行ってきました。

※先端部まで行く場合はかなりのレベルの登攀になるので、ロープやハーネスが必要だったり、何よりヒグマの生息地域なので、興味本位で行くのは避けた方が良いと思います。

IMG_1235

途中橋も崩落してるので、冷たい川を渡ったり海を泳いだりすることが必要です。。

IMG_1252

ひたすら誰もいない海岸沿いを突き進む。

荷物も機材やテントなど合わせて20キロほどの重さがあります。。

歩いてる風景を動画撮ってみましたが、見れるでしょうか。

6月にも関わらず、天候が悪かったのもあって、みぞれになってました。

IMG_1239

使われていない番屋の近くで数日待機。

_T0P9791

テントのすぐ側、そこはもう彼らの世界。

周囲数キロ以上は人の気配がありませんが、彼らは居ます。

_T0P9770-3

撮影中何度もいいシャッターチャンスがあったのですが、そこは命優先で結局撮れたのは数カットだけ。

ひとまず撮れて何より。

よく道路沿いとかで撮影してる人を見かけますが、道路沿いのヒグマは人馴れを助長させる恐れがあるため、こういう山奥の誰もこない場所で撮るように心がけています。


次のページ »

ページの先頭へ
Menu Open