BLOG:ブログ

動物撮影

11月 05 2018

雪原を行く

先月行ってきた海外のカット。

地平がどこまでも続く雪原をただひたすらに餌を求めて歩き続けるポーラーベア。

1日に70キロほど移動し、行動範囲は1000キロを越す個体もいると言われています。

しかし数百キロや1000キロ歩いたところで景色は変わらないような場所。

世界は広いと実感できる場所です。

_T0P9424-2


10月 28 2018

ポーラーベア撮影(ホッキョクグマ)

せっかくなので、いろいろパシャパシャと携帯でも渡航の様子を撮ってきたので、暇つぶしにみてください^^(撮影の写真は下の方です)

 

今年もわざわざ日本から1万キロ以上離れた場所へ撮影に行きました。

まず家から車で3時間かけ千歳へ。そして1時間半のフライトでいつもの成田へ。

dwFwP4nn.jpg-large

平日だったためか、あまり並ばずスムーズに出国審査手続きできました。

zmBysEId.jpg-large

お金はカナダドル。 渡航前にクレジットでほとんど支払いは済ませてますが、食べ物等の物価が高いので、案外お金を使ってしまいます。

9SNCQIkE.jpg-large

去年も乗ったエアカナダ。 修学旅行生がたくさん居たので、ゲートは大混雑。

Q2gYzp6y.jpg-large

機内食はまぁまぁ。

G0Mx6fKj.jpg-large

10時間フライト後、バンクーバーからカナダへ入国^^。

2回目ということもあり、今年は迷わず入国や乗り継ぎゲートにたどり着くことができました。

BkoWqZCq.jpg-large

この先あまり食べ物を仕入れる場所がなくなるので、チョコレートや少し食べれる物を購入。

KM5yjkR6.jpg-large

そしてまた乗り継ぎます。 今度は3〜4時間ほどのフライトで一路東の方へ。

1p8rLkXx.jpg-large

中継ポイントの街に到着。。この時点で家を出てから20時間ほどは経っているので、数時間ほど仮眠休憩。

緯度が日本と違うので、日の出の時間や夕日の時間が全く異なり、なかなか体が時差ぼけから治りません^^;

 

g_sZtyxK.jpg-large

ここからはバスで別の空港へと移動して、チャーター機専用の空港へ。

uS9HHaSX.jpg-large

これからは北極圏付近を飛行することになるので、飛行機が凍らないように不凍液を吹きかける。

-xbXkad9.jpg-large

チャーター機で半日ほどフライトすると、辺りは真っ白な世界へ突入。

地平の向こうまで真っ白な世界がどこまでも続きます。

Dqa5mbMUwAAxZcr

日本を出てから40時間以上。ついに撮影地近辺に到着!

バス停や空港にはライフルを持った人がたくさんいます。

それもそのはず。。

NVnHsNN-.jpg-large

aoZTO9Qm.jpg-large

ここは柵もない、ホッキョクグマ(ポーラーベア)の生息地のど真ん中だ。

すぐ近くにいる可能性だってある。

 

そして戦車みたいなバスで1時間ほど移動。。

ちなみに車内には世界の有名な写真家さんたちも乗り合わせてました。

ナショジオの雑誌とかに載っている海外の写真家さんの方々にもお会いして、意気揚々な気分で降り立つととそこはこんな感じ。。

3Zh1Y9kX.jpg-large

なーんもない。本当になーんもない(笑

迷子になったらたぶん死ぬ^^;

気温は氷点下20度くらい。

厳冬期の北海道くらいなので、寒さは慣れている。

 

K2BOAjNc.jpg-large

ちなみにこの茂みにホッキョクグマいるの分かりますか? これが分からないと歩いてたら死ぬ可能性大です^^; そういうのを発見しながら危険を避ける。

Vg9UBcfd.jpg-large

茂みが邪魔しなければ意外と携帯でも撮れるくらいの距離にいたりする^^

 

 

ようやく撮影開始。。

_T0P8970

大雪原を歩くポーラーベア。

_T0P9687

お母さんと大きな子供。

_T0P9003

お腹が減っているのか動く気無しなやつ。

_T0P9208

そして至近距離で撮影できました。 自分は2〜3メートルほど上にいる場所から撮影していますが、立ち上がれるとハイタッチされそう。。^^;  ※もちろん安全な場所から撮影してます

 

今回は運よく難度がシャッターチャンスに恵まれ、かなりの枚数を撮影することができました。

また機会があれば撮りに行きたい被写体なので、今度も応援のほど宜しくお願いします。

 

 

 

 

〜memory〜

まだ10月だけれど、北海道の厳冬期と同じ気温。
周囲数百キロ以上は何もない。
地平線が遥か彼方まで続くだけ。 
迷子になったらそれは死を意味する。 

しかしそんな環境下で生きる世界最大の肉食動物がいる。
目の前にすると「畏怖」という言葉が頭をよぎる。
怖い。でも怖いだけじゃない。
そんな環境下で暮らす彼らを尊敬できるし、尊敬に値する生き物だ。

噛み付かれたり、引っ搔かれればきっと人間なんて容易く殺すことが出来るだろう。

常々撮りながら考えていることだが、自分が好きな物を撮るのに誰かに理解される必要はない。

ただ一度っきりの人生だ。
思いっきり好きなものをとことん追いかけてやるべきだ。

写真家として風景や動物をなぜそこまでして撮るのか。
売れたいだとか、稼ぎたいだとかそんなことは思ってない。

「好き」だからだ。

〜fin~

 

 


9月 18 2018

知床半島撮影行

秋は動物が最も活発的になる時期。

母なる海から帰ってきたマスやシャケたちが最後の命をかけて遡上する。

スクリーンショット 0030-09-18 9.34.45

その命は別の命の糧となり、また新たな生態系を構築する。

_T0P6396

_T0P4841

そして森を振り返れば、茂みで懸命に子育てをする動物たち。

_T0P6328

その一つ一つ、全てが上手く噛み合って生態系は回る。

自然をここまで感じれる場所は特別なのだと思う。

そしてそこから感じるものが、また風景へと通ずるものがあって面白い。

 

今回何頭ものヒグマを撮影したが、去年出会った奴がいた。 冬を無事生き延びててくれたのかと少し感動した。

これから約1ヶ月半、実る秋に力を蓄えを、また来年彼らを撮れることを心から祈る。

 


9月 11 2018

生態系の頂点を垣間見る

例え体が小さくとも、生態系の頂点に生まれた子だ。

逞しく生きていってくれることを願うばかりである。

もう少し大きくなれば君に敵はいない。

_T0P6113

これから秋本番を迎え、たくさん蓄えて欲しいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

年中北海道の美瑛、富良野にて写真撮影ツアー案内、写真撮影ガイド、フォトツアー、ご家族写真撮影をやってますので、ご希望の方は是非お早めにお問い合わせ、ご予約ください^^

※まだ先ですが、来年3月ごろに東京六本木富士ギャラリーにて写真展予定。

撮影ツアー詳細ページへ飛べます。⬇︎

スクリーンショット 0030-05-04 23.30.21

美瑛撮影ツアーの空き状況確認,予約ページ飛べます。⬇︎

スクリーンショット 0030-05-04 23.37.25

※プロがアドバイスして作品が残せるお手伝いをさせて頂きます。

美瑛町内はもちろん、旭川駅周辺の宿泊施設で合流でもOK.

 

作品はインスタグラム掲載してますので、是非一度ご覧下さい。→ Instagram

フェイスブック Facebook

気軽に話したい方は Twitter


7月 04 2018

上半期を終えて。。と今後

2018年ももう半年が終わり、7月に突入しています。

半年が経つのはあっという間でしたね〜。。^^;

雪も多かったですし、夏に入ってからは冷夏大雨で天候的には大変な上半期でした。

また去年の受賞以来、撮影に関する以外の仕事は手がつけられないので、今は撮影に集中しています。

 

上半期を少し振り返って写真を。。

_T0P9884 のコピー

豊頃町のジュエリーアイス。 マイナス28度くらいでしたが、リピーターのお客さんとの撮影で行ったりと、いろいろ面白く撮影できました。

 

_T0P4717

3月ごろの美瑛の丘、1月2月が厳冬期シーズンなのですが、意外と3月も面白い写真が撮れるので好きな月です。(写真は融雪剤の模様です)

 

_T0P3018

同じく3月、羅臼まで行って国後島との国境で撮影。 流氷は少なかったみたいですが、たくさんのオジロやオオワシに出会えました。

 

_T0P7898

厳冬期に行った野付半島。 海岸沿いなので雪はあまり積もりません。 エゾシカが越冬しているので、よく撮影できます。

_T0P6511

美瑛から望む残雪の十勝岳が綺麗な5月。

_T0P7569ortin

そして霧が発生しやすい6月と。

 

 

とまぁ美瑛や富良野は日々撮影していますが、その他にも色々と出かけらました。

 

もう北海道に移り住み撮影を始めて5年目、道内各地はもちろん、有名なコンテストの受賞をしたり、海外まで撮影に出かけたりといろいろ経験することができました。

この先はより一層オリジナルティを出して撮影に集中したい思っています。

撮影以外が出来ない分、それだけに集中しているからこそ生みだせる作品やそこについてくれるファンの方がいる。

 

今ツアーしているのも、あなたの作品が好きだからツアーをお願いしたい。と言ってくれる人も多く、少なからず自分に価値があると思うから来てくださってくれる方がほとんどだと思うのです。

 

やっていることは同じでも、自分に価値をつける。

 

取るに足らないかもしれませんが、それだけの努力を一歩一歩と積み重ねてきているつもりですし、決して簡単になぞれる道ではない。

 

中身が伴っているかどうか、きっとそこはお客さんも見抜いてくれるはず。

そういう思いでこれからも撮影していきたいと思う。

 

 

この夏は何が撮れるのか。。楽しみです^^

 

 

 

 

 

 

年中北海道の美瑛、富良野にて写真撮影ツアー案内、写真撮影ガイド、フォトツアー、ご家族写真撮影をやってますので、ご希望の方は是非お早めにお問い合わせ、ご予約ください^^

※まだ先ですが、来年3月ごろに東京六本木富士ギャラリーにて写真展予定。

 

撮影ツアー詳細ページへ飛べます。⬇︎

スクリーンショット 0030-05-04 23.30.21

美瑛撮影ツアーの空き状況確認,予約ページ飛べます。⬇︎

スクリーンショット 0030-05-04 23.37.25

※プロがアドバイスして作品が残せるお手伝いをさせて頂きます。

美瑛町内はもちろん、旭川駅周辺の宿泊施設で合流でもOK.

 

 

作品はインスタグラムにまとめて掲載してますので、是非一度ご覧下さい。→ Instagram

フェイスブック→ Facebook

 

【クリック】その他雑誌等やご依頼はお問い合わせから。

by 林祐介


6月 28 2018

雨降る明け方

最近は雨が降ることが多くなかなか晴れません。

しかし朝は思わぬ場面に出会うことがある。

霧雨が降る明け方、少し止んだ瞬間に丘を見ると1頭のシカがこちらを見ていました^^

_T0P9185

お客さんも日の出は諦めていたものの、やはり朝は何かが撮れる。

だからどんなに早くても早朝は頑張って撮影に行った方が良い。

どんな天候でも少しのワクワクを秘めて毎日撮影する。。

 

来週は少し予定をずらして時間を作れたので、道東に少し撮影に行こうかと思います。

天候は思わしくありませんが、それでもきっと何か撮れるでしょう。

 

 

あと要望が多かったので、今まで白金温泉付近へのお迎えはしておりませんでしたが、今後は一応そちらのエリアも可能です。

 

 

 

年中北海道の美瑛、富良野にて写真撮影ツアー案内、写真撮影ガイド、フォトツアー、ご家族写真撮影、ブライダル撮影をやってますので、ご希望の方は是非お早めにお問い合わせください^^

※来年3月ごろに東京六本木富士ギャラリーにて写真展予定。

 

普通のガイドでは教えれない、特別な撮り方などを教えて回る写真家オリジナルな撮影ツアーです。

ツアー詳細ページへ飛べます。⬇︎

スクリーンショット 0030-05-04 23.30.21

 

美瑛町内はもちろん、旭川駅周辺の宿泊施設での合流や車内泊の方は道の駅などで合流もOK!

美瑛撮影ツアーの空き状況確認、予約ページに飛べます。⬇︎

スクリーンショット 0030-05-04 23.37.25

※ブッキング等を避けるため電話予約は受け付けておりません。ご予約は予約メール、もしくはお問い合わせからご連絡下さい。

 

 

 

その他作品はインスタグラムに掲載してます。→ Instagram

フェイスブック→ Facebook

【クリック】その他ご依頼はお問い合わせからご連絡下さい。

By 林祐介


6月 24 2018

丘と馬と空と。

先日のツアー中に出会った美瑛の丘をのんびり歩く馬。

農作物の写真ばかりでなく、こういうのもまた面白いのではないでしょうか^^

_T0P9054あ-2

風景もそうですが、動物も撮っているとそんなところに目を奪われていまします。

 

それとようやく、ジャガイモの花が満開になってきました!

白いあの花を見ると短い夏の到来を感じます。

写真はまた後日載せます。

 

 

 

年中北海道の美瑛、富良野にて写真撮影ツアー案内、写真撮影ガイド、フォトツアー、ご家族写真撮影、ブライダル撮影をやってますので、ご希望の方は是非お早めにお問い合わせください^^

※来年3月ごろに東京六本木富士ギャラリーにて写真展予定。

 

普通のガイドでは教えれない、特別な撮り方などを教えて回る写真家オリジナルな撮影ツアーです。

ツアー詳細ページへ飛べます。⬇︎

スクリーンショット 0030-05-04 23.30.21

 

美瑛町内はもちろん、旭川駅周辺の宿泊施設での合流や車内泊の方は道の駅などで合流もOK!

美瑛撮影ツアーの空き状況確認ページに飛べます。⬇︎

スクリーンショット 0030-05-04 23.37.25

 

その他作品はインスタグラムに掲載してます。→ Instagram

フェイスブック→ Facebook

【クリック】雑誌等や記事掲載などのご依頼はお問い合わせからご連絡下さい。

By 林祐介

類似サイトにご注意ください。


6月 09 2018

脇道からの視線 

撮影中に何やら気配が。。

脇道に目を向けるとじっと見てくるかわいい奴が^^

この時期は動物も絵になりますね。

しかし二日前まで30度越えだったのに、明日の予報は何と気温1度。。路面凍結に注意です。

せっかく衣替えしたのに、また防寒着をタンスから引っ張りださないと^^;

_T0P7434

連日ツアー中なので、明日もまた2時台起き。。

早めに寝て体力回復させます。

 

 

 

 

年中北海道の美瑛、富良野にて写真撮影ツアー案内、写真撮影ガイド、フォトツアー、ご家族写真撮影をやってますので、ご希望の方は是非お早めにお問い合わせください^^

インターネットや観光パンフレットには載っていない写真家オリジナルな撮影ツアーです。

※来年3月ごろに東京六本木富士ギャラリーにて写真展予定。

 

ツアー詳細ページへ飛べます。⬇︎

スクリーンショット 0030-05-04 23.30.21

美瑛町内はもちろん、旭川駅周辺の宿泊施設での合流や車内泊の方は道の駅などで合流もOK!

 

 

美瑛撮影ツアーの空き状況確認ページに飛べます。⬇︎

スクリーンショット 0030-05-04 23.37.25

 

その他作品はインスタグラムに掲載してます。→ Instagram

フェイスブック→ Facebook

【クリック】雑誌等や記事掲載などのご依頼はお問い合わせからご連絡下さい。

By 林祐介


5月 26 2018

子ぎつね撮影

先日の撮影ツアー中に出会った子狐。

まだお母さんから餌をもらう時期でしょうか。

そわそわ巣穴の周りをうろつき、外に出たくて仕方がない様子。

_T0P6854

これくらいのサイズでずっと居てくれるなら飼ってみたいですね^^

 

 

以下ちょっと告知。

先日少しブログでも告知した、クラウドファンディングですが、月曜日の18時から公開しますので、またブログの方でも月曜日に詳細を載せます。

美瑛の他に近年撮影のテーマにしている動物です。

去年と同様北極圏付近の極地での撮影となるため、渡航費が主な目的です。

スクリーンショット 0030-05-26 9.47.25 スクリーンショット 0030-05-26 9.47.32

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

必ずや良い写真を撮影してきますので、是非ご支援のほどよろしくお願いします。

 

 

 

 

年中北海道の美瑛、富良野にて写真撮影ツアー案内、写真撮影ガイド、フォトツアー、ご家族写真撮影をやってますので、ご希望の方は是非お早めにお問い合わせください^^

※来年3月ごろに東京六本木富士ギャラリーにて写真展予定。

 

ツアー詳細ページへ飛べます。⬇︎

スクリーンショット 0030-05-04 23.30.21

※プロがアドバイスして作品が残せるお手伝いをさせて頂きます。

美瑛町内はもちろん、旭川駅周辺の宿泊施設での合流や車内泊の方は道の駅などで合流もOK!

※1日1組の完全プライベートツアーでゆっくり撮影できます。

 

 

美瑛撮影ツアーの空き状況確認ページ飛べます。⬇︎

スクリーンショット 0030-05-04 23.37.25

その他作品はインスタグラムに掲載してます。→ Instagram

フェイスブック→ Facebook

【クリック】雑誌等や記事掲載などのご依頼はお問い合わせからご連絡下さい。

By 林祐介

 


5月 14 2018

優しい世界

道東に住む写真家仲間から、今だったら可愛いの撮れるからおいでよ!と誘われ、急遽釧路へ。

その可愛いのとは。。

_T0P6000

タンチョウ鶴の雛です^^  まだ寒いので、天然の羽毛に包まれてました。

本来臆病な動物なので、こうやって背中に乗っていい場所に居てくれることはあまりないらしいのですが、見れたのはラッキーだったかな?

_T0P5931

サイズは親の頭くらい。 でもこれがもう1、2週間経つと30センチ以上になるので、成長は早いです。

本当は桜と一緒に撮りたかったのですが、なかなか良い位置に来てもらえず。。

でも良い癒しになりました^^

 

 

年中北海道の美瑛、富良野にて写真撮影ツアー案内、写真撮影ガイド、フォトツアー、ご家族写真撮影をやってますので、ご希望の方は是非お早めにお問い合わせください^^

※来年3月ごろに東京六本木富士ギャラリーにて写真展予定。

 

ツアー詳細ページへ飛べます。⬇︎

スクリーンショット 0030-05-04 23.30.21

※プロがアドバイスして作品が残せるお手伝いをさせて頂きます。

美瑛町内はもちろん、旭川駅周辺の宿泊施設で合流でもOK!混み合う時期にオススメです。

 

美瑛撮影ツアーの空き状況確認ページ飛べます。⬇︎

スクリーンショット 0030-05-04 23.37.25

 

 

 

その他作品はインスタグラムに掲載してます。→ Instagram

フェイスブック→ Facebook

 

【クリック】雑誌等や記事掲載などのご依頼はお問い合わせからご連絡下さい。

By 林祐介

 

 


次のページ »

ページの先頭へ
Menu Open