BLOG:ブログ

11月 08 2017

撮影紀

先月行ってきたカナダの北の方ですが、飛行機の乗り換えの連続で、いくつ飛行機に乗ったのやらと言うくらい遠かったです。

国内で北海道からまずは東京まで移動して、エアカナダで10時間ほど長距離飛行。

バンクーバーについてからさらに飛行機を乗り継ぎ、乗り継ぎで、地方の町へ。

_T0P6161

天候などによるトラブルもあったため、1日ではもちろんつかないため、郊外で動物の撮影をして、飛行機待ち。。

英語も全くわからない中、迷子になったり。。

言葉がわからないですし、一人なので困ったことも多かったですが、とりあえず翌日また地方からチャーター機でなんとかフライト。

陸路がないので、乗れなかったら列車でさらに2日以上かけて行くしかないのですが、チャーター機に揺られて3時間で目的の町へ。

結局日本から2日半はかかっちゃいました。

 

 

そしてその小さな町から果てなく続く荒野へ出かける。

あるのは地平線だけだ。

気温はまだマイナス15度には届かないし、風もあり雪はさほどない。

荒野に凸凹の道だけ。これも途中でなくなります。

左を見ても荒野。

右を見ても荒野。

周囲1000キロ近くは小さな街以外に存在しません。

最寄りの大きな病院までは飛行機で3時間以上かかるので、こんな場所で病気や怪我は絶対にできませんね。。

もちろん日本人は愚か、アジア人さえいませんでした。

 

探し回ると。。

_T0P6268

_T0P6573

もちろんそこら中にいるってわけではありませんが、確かにポーラーベアの生息地でした。

求めている野生と、そして私が欲しかった「何もなさ」がそこにはあった。

 

 

最近よく思うのです、どこにも必ず人はいるし、似たり寄ったりの写真が多く、現像で違いを出してるっていう写真が多いなって。

もちろんここに来ても人はいます。

地球上撮れそうな場所で人がいない場所など、あまり存在はしないでしょう。

でも限りなく、似たり寄ったりはしたくないなって思うと、足で稼ぐしかありません。

日本でも一人で撮りに行く時は、テント持ってたまに道東をウロウロしてますが、それも同じなのかなって思います。

 

 

でもそれが楽しい。

楽しいからやる、ただそれだけの理由。

 

来週からはフォトコンテストの授賞式でアメリカに渡航ですが、もしかしたら在日大使館公使からもお祝いで、お会いすることがあるかもしれないとのこと。。

ドキドキです。


« »
ページの先頭へ