BLOG:ブログ

2017年9月

9月 27 2017

光芒の丘〜美瑛〜

先日のツアー中の1枚です。

天気が良すぎたためか、あまり霧は出なかったものの、場所を探せば至ることで出会えました。

深すぎると真っ白ですし、高いところに上がりすぎると晴れてしまう。

ちょうど境目辺りを狙って撮ったカットです。

_T0P5379

朝の30分ほどだけの時間しか霧は出ませんがで、撮れればラッキーですね^^

光芒自体は1〜2分だけしか出てなかったので、その場を先読みしないと中々出会うことは難しいかもしれません。。

 

今の時期は5時半とかそのくらいの時間帯が一番こういう写真が撮りやすい時間なのですが、朝も6時を過ぎてしまうと完全に太陽が昇りきってしまうため、朝撮りに行くなら朝5時には出発しましょう!

 

年中北海道の美瑛、富良野にて写真ツアー、フォトレクチャーをやってますので、撮影スポットが知りたい方や、撮り方が知りたいなど、ご希望の方は是非お早めにお問い合わせください^^

こちらをクリックすると美瑛撮影ツアーのご予約ページに飛べます。

pagetitle

その他ご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちらから↓

http://www.siknu.jp/contact/index.htm

 


9月 25 2017

十勝岳の紅葉ピーク

先日十勝岳から始まった紅葉は今が山頂でピークを迎えています。

緑、黄色、赤、黄緑など、色鮮やかで今年は綺麗です。

_T0P5083

美瑛の平地ではまだ気温は10度後半まで届きますが、山の上は風が吹くともう寒いです。

秋に登山や紅葉を撮りに行かれる方は防寒着は必須なので、必ず持って行きましょう^^

 

山の紅葉からちょうど1ヶ月ほどで美瑛のカラマツたちも紅葉も始まると思いますので、今のところ例年通りといったところでしょうか。

台風や大雨が来て葉が落ちないこと切に願います。。

 

 

年中北海道の美瑛、富良野にて写真ツアー、フォトレクチャーをやってますので、撮影スポットが知りたい方や、撮り方が知りたいなど、ご希望の方は是非お早めにお問い合わせください^^

こちらをクリックすると美瑛撮影ツアーのご予約ページに飛べます。

pagetitle

その他ご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちらから↓

http://www.siknu.jp/contact/index.htm

 


9月 24 2017

美瑛望岳台の天の川〜星空撮影〜

またちょっと夜に撮りに連れて行かれました^^;

まぁ満天の星空だったので、いい写真が撮れてよかったとは思います。

青い池を過ぎて、望岳台の方まで上がってきたところです。

時間的にちょうど暗い方向に天の川が出てくれてましたので、綺麗に写りました。

_T0P4997

この時期はスカッと見渡せる時が多いので、晴れれば綺麗ですね!

虹に星空に雲海にと、9月から10月時上旬頃はなかなか面白いです。

平地の紅葉はまだまだでこちらは10が中旬から11月上旬頃がピークになり、丘と紅葉を楽しめると思います。

 

ただ十勝岳山頂付近ではすでに紅葉もピークを迎えています。

今日撮ってきましたので、また次の更新の時に載せたいと思います。

 


9月 21 2017

虹と美瑛の丘と木と。

先日台風が来ましたが、台風前後は美瑛は面白い撮影日和となります。

風も多少あるし、雨も降るし、大変です。

しかしそんな時こそ虹が出たりしてくれるので、面白いです^^

_T0P1050

虹は日が傾きすぎる季節になると出なくなってしまうため、10月上旬ごろまでがオススメです。

 

10月中旬以降は撮影の仕事やツアーなどでだいぶ埋まってしまってますが、上旬ごろはまだ比較的空きがあるので、ツアーやロケーションフォトをご希望の方はご連絡ください。

 

 

年中北海道の美瑛、富良野にて写真ツアー、フォトレクチャーをやってますので、撮影スポットが知りたい方や、撮り方が知りたいなど、ご希望の方は是非お早めにお問い合わせください^^

こちらをクリックすると美瑛撮影ツアーのご予約ページに飛べます。

pagetitle

その他ご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちらから↓

http://www.siknu.jp/contact/index.htm

 


9月 17 2017

星空 撮影 ワークショップ

星の撮影をレクチャーして欲しいとの依頼があったので、夜にツアーをしてました。

珍しく良い天気に恵まれたので、星をたくさん撮影することができたので良かったのではないでしょうか^^

_T0P4980

私もあまり夜は撮らない方ですが、これだけ星が見えるのもなかなかないので、楽しかったです。

 

写真はあえて月を入れて。。

何もないとつまらないですが、何を入れるかで印象がだいぶ変化します。

でも月明かりは気をつけないと飛んでしまうので、なるべく避けたいところをあえて入れてワンポイントのアクセントにしてみました。

 

年中北海道の美瑛、富良野にて写真ツアー、フォトレクチャー、ワークショップをやってますので、撮影スポットが知りたい方や、撮り方が知りたいなど、ご希望の方は是非お早めにお問い合わせください^^

こちらをクリックすると美瑛撮影ツアーのご予約ページに飛べます。

pagetitle

その他ご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちらから↓

http://www.siknu.jp/contact/index.htm

 


9月 15 2017

親子キツネ

まだあどけなさが残る子供のキツネ。

親にちょっかいばかりだして、親キツネはすごく迷惑そうな様子。

親が構ってくれないとわかると、一人でどっかに行ってしまうのですが、親も子供が心配で後ろ方見える位置までついていく。。

そんな光景が繰り返されていました。

_T0P4402

子供がどこに行ってしまうのか、何をしでかすのか、とても心配そうに見守るのは動物も人間の同じなのかもしれません。

 

 

年中北海道の美瑛、富良野にて写真ツアー、フォトレクチャーをやってますので、撮影スポットが知りたい方や、撮り方が知りたいなど、ご希望の方は是非お早めにお問い合わせください^^

こちらをクリックすると美瑛撮影ツアーのご予約ページに飛べます。

pagetitle

その他ご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちらから↓

http://www.siknu.jp/contact/index.htm

 


9月 11 2017

霧!霧!霧!

寒暖差があるので、朝はもう霧だらけです。

しかし写真を撮る方にとっては、霧というもの自体良い被写体なので、大歓迎^^

確かに霧が出すぎてなかなか視界が効かない時もありますが、それはそれでよし。

無理に景色の良いところを探さなくても、少し光が漏れている場所を探せば十分です。

_T0P9330-2

ちょっと最近現像が間に合ってないので、去年の今時期撮った写真ですが、今の季節の朝はこんな感じです。

 

雪国にいるのに寒いのが苦手なので、もうそろそろ朝は手袋が欲しいところです。。

日に日に気温が下がっているのが肌で体感できる時期です。

 

 

年中北海道の美瑛、富良野にて写真ツアー、フォトレクチャーをやってますので、撮影スポットが知りたい方や、撮り方が知りたいなど、ご希望の方は是非お早めにお問い合わせください^^↓

こちらをクリックすると美瑛撮影ツアーのご予約ページに飛べます。

pagetitle

その他ご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちらから↓

http://www.siknu.jp/contact/index.htm


9月 07 2017

穫り入れ

玉ねぎなどが土から掘り起こされ、カゴいっぱいに収穫されていきます。

緑だった丘も徐々に茶色の面積が増えて、吹く風も少し寒さを感じるようになりました。

_T0P4912-2

旭岳など山の方ではもう紅葉も始まり、そろそろ山頂付近では見ごろとなる頃でしょうか?

つい先日まで暑かったのは何処へやら。。^^;

 

もうそろそろ今年履替えるスタッドレスタイヤの注文もしておかなくては。

根雪まではまだ2ヶ月ほど時間がありますが、初雪はもう来月半ばには来ますので、冬支度といったところでしょうか。


9月 01 2017

9月の美瑛は霧の時期

朝晩は気温が下がり、霧が出やすい時期になりました。

いつも大体9月ごろになると発生しやすいように感じます。

_T0P0552

日中もそこまで気温は上がらず、1週間でもだいぶ美瑛でも季節が進むのが分かります。

 

10日間ほど道東で動物もたくさん撮っていたので、現像が溜まってなかなかやる気が起きず。。

連写したりするとカット数が増えてしまうので、まぁ仕方がないですが^^;

 

年中北海道の美瑛、富良野にて写真ツアー、フォトレクチャーをやってますので、撮影スポットが知りたい方や、撮り方が知りたいなど、ご希望の方は是非お早めにお問い合わせください^^

こちらをクリックすると美瑛撮影ツアーのご予約ページに飛べます。

pagetitle

その他ご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちらから↓

http://www.siknu.jp/contact/index.htm

 


ページの先頭へ