BLOG:ブログ

6月 15 2014

風景写真の基本 その5

今回はS字構図についてお話したいと思います。

自然の造形や人工の構造物の中には、曲線で構成されている景色がある。

特にS字形または、S字の左右反転形に見える風景は流動感やリズム

連想させることが多く、これを上手く取り入れるとS字構図になる。

IMGP1554

 

風景の中にS字を見つける。

風景の中のS字を取り入れると、画面に奥行きを与えることが出来る。

この写真では道路がS字になっており、奥へと導くように構成されています。

またS字構図を見つけるときは、ハイアングルから撮影した方が効果が出やすい。

特に風景の中に道を取り入れて、撮影する場面は数多く出てくると思うので、

道を撮影しようとするならば、意識して撮影してみると良い。

 

~ポイント~

ハイアングルから撮影すると効果が出やすい。

道を撮影するならS字を取り入れる。 

 

 

 

撮影ツアーご予約受付中なので、美瑛 富良野 を訪れる方は

ぜひツアーにご参加ください。。

ガイドツアーなどたっぷり3時間巡って1万円とかなりお得になっております。

1日コースもお安くなっておりますので、ぜひご利用下さい。

こちらをクリックするとツアーページに飛べます。

index_pagetitle

 

 

 

ブログランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが生きる活力となっています。。
どうぞ、よろしくお願いします。

photo88_31

 


« »
ページの先頭へ
Menu Open