BLOG:ブログ

2014年5月

5月 31 2014

宗谷地方

宗谷岬に向かう途中に沼川という場所がある。

そこは美瑛みたいな丘景色が広がる広大な土地。

多くの人はオロロンラインで海沿いを北上するけれど、

内陸を北上するのもオススメです。

⑩ - コピー

 

特に6月上旬、この時期からが見頃です。。

 

撮影ツアーご予約受付中なので、美瑛 富良野 を訪れる方は

ぜひツアーにご参加ください。。

ガイドツアーなどたっぷり3時間巡って1万円とかなりお得になっております。

1日コースもお安くなっておりますので、ぜひご利用下さい。

こちらをクリックするとツアーページに飛べます。

index_pagetitle

 

 

 

ブログランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが生きる活力となっています。。
どうぞ、よろしくお願いします。

photo88_31

 

 


5月 29 2014

時間=命

人生で大切なのは「時間」=「命」という意識を常に持っておくこと。
流れ落ちる砂時計のように、私たちの命は毎瞬削り取られている。
そして、その砂時計は決して裏返すことはできない。

一度過ぎ去った時間はもう二度とやってくることはない。

それを踏まえた上で、自分に残された人生時間を

一体何に費やすのか。。

そう考えたときに自分の中で残っているのは、好きな土地で撮る

IMG_9999a

 

こういう景色に出会える為なら、時間と引き換えにしても

後悔はない。

 

 

撮影ツアーご予約受付中なので、美瑛 富良野 を訪れる方は

ぜひツアーにご参加ください。。

ガイドツアーなどたっぷり3時間巡って1万円とかなりお得になっております。

1日コースもお安くなっておりますので、ぜひご利用下さい。

こちらをクリックするとツアーページに飛べます。

index_pagetitle

 

 

 

ブログランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが生きる活力となっています。。
どうぞ、よろしくお願いします。

photo88_31

 

 


5月 25 2014

たった1度なのだから。

好きなことを我慢して、妥協しながら日々の人生を終えるよりも、

好きなことを追求して、敗れた人生の方が後悔しないと思う。

だって人生はたったの一度しかないのだから。

IMGP1554

 

胸のうちに「これ!」と決めたものがあるのなら、
タイミングを選んだりせず、今すぐやること。

成功するかしないかではなくて、悔いが残るか残らないか。

そこに重点を置いて人生を送りたい・・

 

 

撮影ツアーご予約受付中なので、美瑛 富良野 を訪れる方は

ぜひツアーにご参加ください。。

ガイドツアーなどたっぷり3時間巡って1万円とかなりお得になっております。

1日コースもお安くなっておりますので、ぜひご利用下さい。

こちらをクリックするとツアーページに飛べます。

index_pagetitle

 

 

 

ブログランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが生きる活力となっています。。
どうぞ、よろしくお願いします。

photo88_31

 

 


5月 24 2014

夢追人

人生はよく登山に例えられる。 夢を持った瞬間に目の前に

登るべき山が現れる。

道のりは決して平坦ではない、時には垂直な氷壁も出てくる。

だけど、その過程で時折見ることが出来る景色は限りなく美しく、

生きているという実感を与えてくれる。。

⑮

 

「夢」を追いかけるという行為は「なぜ生きているのか」

という問いかけの一つの答えなのだと思う。

 

撮影ツアーご予約受付中なので、美瑛 富良野 を訪れる方は

ぜひツアーにご参加ください。。

ガイドツアーなどたっぷり3時間巡って1万円とかなりお得になっております。

1日コースもお安くなっておりますので、ぜひご利用下さい。

こちらをクリックするとツアーページに飛べます。

index_pagetitle

 

 

 

ブログランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが生きる活力となっています。。
どうぞ、よろしくお願いします。

photo88_31


5月 20 2014

この国の「まほろば」

「まほろば」とは、素晴らしき場所を言う

この国を表す、山を目の前にして、人は何を感じるだろうか。

IMGP2682

 

富士の忍野八海からの絶景。。

まさに日本そのものの風景がここに残されているような

気がして、一度は必ず訪れたくなる場所。

 

撮影ツアーご予約受付中なので、美瑛 富良野 を訪れる方は

ぜひツアーにご参加ください。。

ガイドツアーなどたっぷり3時間巡って1万円とかなりお得になっております。

1日コースもお安くなっておりますので、ぜひご利用下さい。

こちらをクリックするとツアーページに飛べます。

index_pagetitle

 

 

 

ブログランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが生きる活力となっています。。
どうぞ、よろしくお願いします。

photo88_31


5月 17 2014

魅力のある土地

風景写真で大事なことは、良いカメラでもなく良いレンズでもない。

その時その場所に居れるかどうか。 それが重要である。。

IMG_4072

だから遠くにいてはダメ、チャンスを見逃してしまう。

きっと北海道にはそんな魅力に惹きつけられる人の

多くが移住してしまう特別な場所なのだと思う。

 

撮影ツアーご予約受付中なので、美瑛 富良野 を訪れる方は

ぜひツアーにご参加ください。。

ガイドツアーなどたっぷり3時間巡って1万円とかなりお得になっております。

1日コースもお安くなっておりますので、ぜひご利用下さい。

こちらをクリックするとツアーページに飛べます。

index_pagetitle

 

 

 

ブログランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが生きる活力となっています。。
どうぞ、よろしくお願いします。

photo88_31

 

 

 

 


5月 15 2014

清流

静寂の中に響き渡る轟音。。 その音を聞くだけで癒される。。

IMG_1956

 

水の撮影は難しいですが、ドラマチックに描くことが出来るので、

好きな被写体の一つです。

撮ると同時に水の流れる音、香り、その全てが心を癒してくれる。。

 

 

撮影ツアーご予約受付中なので、美瑛 富良野 を訪れる方は

ぜひツアーにご参加ください。。

 

ガイドツアーなどたっぷり3時間巡って1万円とかなりお得になっております。

1日コースもお安くなっておりますので、ぜひご利用下さい。

こちらをクリックするとツアーページに飛べます。

index_pagetitle

 

 

 

ブログランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが生きる活力となっています。。
どうぞ、よろしくお願いします。

photo88_31

 


5月 07 2014

上富良野

上富良野にある千望峠。 ここは富良野の中でも最も好きな場所の一つ。

雲海や朝焼けが撮れるスポットとして人気です。

_MG_8360

美瑛も良いところですがお隣の富良野も素晴らしい景色が多いので、

これからの季節はどんどん撮影して行きたいですね。

 

 

 

7月より撮影ツアーを始めますので、美瑛 富良野 を訪れる方は

ぜひツアーにご参加ください。。 3名様の場合、朝から晩まで

美瑛や富良野を撮影してお一人様当たり9000円程度とかなりお得となっております。。

こちらをクリックするとツアーページに飛べます。

index_pagetitle

 

 

 

ブログランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが生きる活力となっています。。
どうぞ、よろしくお願いします。

photo88_31


5月 04 2014

独創性

写真とはあなただけに与えられた才能という「独創性」に気付くことが出来るもの。

そして誰にも邪魔されないよう、その才能を伸ばすことだけに集中すること。

〝そのこと〟に集中できている状態こそが本当の「自由な状態」だ。

IMG_7539

 

 

 

 

7月より撮影ツアーを始めますので、美瑛 富良野 を訪れる方は

ぜひツアーにご参加ください。。 3名様の場合、朝から晩まで

美瑛や富良野を撮影してお一人様当たり9000円程度とかなりお得となっております。。

こちらをクリックするとツアーページに飛べます。

index_pagetitle

 

 

 

ブログランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが生きる活力となっています。。
どうぞ、よろしくお願いします。

photo88_31

 


5月 03 2014

北へ向かう。

夕暮れを駆け抜けて行く風

どこまでも駆け抜けて行きたい風景が 眼下に広がる。。

そう、この大地が感じたくて北へ行くのだと。

IMG_0841

 

 

 

7月より撮影ツアーを始めますので、美瑛 富良野 を訪れる方は

ぜひツアーにご参加ください。。 3名様の場合、朝から晩まで

美瑛や富良野を撮影してお一人様当たり9000円程度とかなりお得となっております。。

こちらをクリックするとツアーページに飛べます。

index_pagetitle

 

 

 

ブログランキングに参加しています。
皆さんのワンクリックが生きる活力となっています。。
どうぞ、よろしくお願いします。

photo88_31

 

 


ページの先頭へ